葬式と役所の手続き

葬式を出すにあたっては、間接的に、さまざまな役所への手続きも必要となってきます。まずは病院などで死亡が確認された場合、すみやかに、市町村役場に死亡届を提出しなければなりません。この死亡届の様式の片方は、医師の死亡診断書となっているのが通例ですので、主治医に書いてもらった上での提出となります。この死亡届が受理されると、火葬許可証の交付を受けることができます。葬式をしたあとで、亡くなった人の遺体は火葬場に向かい、火葬に付されることになりますが、その際には火葬許可証の提示がなければ、法律上、火葬を受け付けることができないということになっているのです。この火葬が終了した場合、火葬場からはその旨を証明する埋葬許可証が交付されます。文書そのものは火葬許可証と同じですが、火葬をしたことを証明するスタンプが押印されたことで、埋葬許可証としての効力をもつようになるわけです。この埋葬許可証は、葬式後にお墓に納骨をするにあたって、霊園の管理者に提出をすることになります。