葬式後のさまざまな準備

親しい人が亡くなってから葬式をすませるまでというのは、なにかとあわただしく、心が休まるひまもないというのがふつうですが、実は葬式が終わってからしばらくの間も、いろいろとしなければならないことがあるものです。たとえば、初七日や四十九日といった、仏教では節目となるような時期には、それぞれ法要を営んで、故人を供養することがたいせつですので、その準備や手配もしなければなりません。特に、四十九日は忌明けの法要となりますので、家族だけではなく、親戚なども遠くから呼んで参列してもらうというのがふつうです。また、四十九日のころには、位牌をそれまでの白木でできた仮のものから、漆塗りの正式なものに改めなければなりませんので、仏具店などを通じて製作してもらうことも必要となってきます。墓地の購入や納骨といったことについても、四十九日にあわせてできればよいのですが、時間がかかるようであれば、一周忌などの節目を目安にするのが適当といえます。