葬式の会食の目的

葬式の会食の目的は、遺族や親族や僧侶が故人と最後に一緒に食べる食事として、会席の場を使って供養することです。また、弔問客にお礼をする目的もあります。
通夜ぶるまいは精進料理を出すのが一般的でしたが、最近ではあまりこだわらず、簡単につまめる料理を選ぶことが多いです。
地方によってはお茶だけという場合もありますし、お菓子や軽食などで済ませることもあります。
また、キリスト教式は通常は行いません。ただし牧師や神父や親しい人たちだけを集めて会席の場を用意するケースもあります。
精進落としは、火葬が終わった後に行う宴席のことです。これも地域によって差があります。本来は故人の死を悼み、肉や魚などを食べずに精進した日々に区切りをつけて、日常生活に戻るという意味が込められていました。なので、昔は四十九日の忌明けに行っていました。
しかし、最近では区切りをつけるというよりも僧侶やお世話になった人たちをねぎらう宴という意味合いが強くなっています。また、精進落としの前に肉や魚などを普通に食べる場合も多いです。
最近では初七日法要の後に会食を兼ねて終わらせることも増えています。

PR | 民間救急車について詳しく知りたい方はこちら