一般的な葬儀の流れ

家族のかたが亡くなったあとで葬儀がおこなわれるわけですが、その流れは一般の人にはあまり知られておらず、実際に体験してみないと分からない点が多々あります。家族や親しいかたが亡くなった場合、まずその故人の家族や親族に連絡がおこなわれることになります。しかし自宅で亡くなった場合は、役場に届け出るための死亡診断書を書くために、まず何よりも故人のかたの担当医師に連絡する必要があります。
その後、葬儀を執りおこなう会社に連絡を入れることになります。もし故人のかたが生前、この会社にして欲しいと頼んでいた場合は、余程のことがない限りはその遺志が尊重されることになります。もしそのようなことがなければ、家族や親族で相談して、葬儀会社を選ぶことになります。
その時点から葬儀が始まっていると言っても過言ではなく、通夜や初七日法要を担当してくれる寺社への連絡や、通夜の式場や火葬場の予約をします。
そして葬儀が終わったあとも、遺骨を安置するための祭壇を組む必要があるのです。