葬儀の後に行われる法要について

葬儀が終了すると、法要や法事が執り行われます。
最初に行われるのが、故人が亡くなってから七日目に行う「初七日法要」です。七日目は、死者が三途の河の前に辿り着くとされ、初七日法要は川の流れを緩やかにし、故人が三途の河を渡りやすくするための法要です。
現在は葬儀の際に一括して執り行われる事が多くなりましたが、かつては初七日法要、二七日法要、三七日法要、四七日法要、五七日法要、六七日法要と個別に行われていました。
七週間後の七七日法要は四十九日法要と呼ばれ、現在でも多くの人が実施しています。故人が亡くなってから四十九日目は、閻魔大王によって天国行きか地獄行きかの審判が下される日とされ、重要な法要の一つとなっています。四十九日法要終了後はそれまでの自粛を解き、普段の生活に戻るのが一般的です。
その後は百か日法要、一周忌、三周忌と続きます。百か日法要には、故人との別れを受け止め、気持ちに区切りをつけるという意味があり、ごく親しい身内のみで行われるのがほとんどです。

昔から特定の土地で先祖代々暮らしているという家庭の場合であれば、先祖代々のお墓があって、法事なども折にふれて行っている菩提寺をもっているはずです。したがって、もしも亡くなった人がいたとしても、葬儀については菩提寺からお坊さんを呼んで、昔ながらの方法を踏襲するということが容易に可能となってきます。しかし、たとえば就職のために実家を離れて、その土地で新しい家庭を築いたという人の場合、菩提寺との縁がすでに薄くなっており、いまさら遠くの菩提寺で葬儀をするというのは、物理的にもむずかしいといえます。この場合ですが、先祖代々の菩提寺が属している宗派がわかれば、葬儀社のスタッフなどに相談をすることにより、近くで同じ宗派の寺院をみつくろってもらうことができるものです。寺院の方針しだというところはありますが、代々の檀家ではなくても、葬儀は請け負ってもらえるという寺院も多いものですので、まずは相談をしてみるのがよいでしょう。

<PR>生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 工務店向け集客ノウハウ / 住宅リフォーム総合情報 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / 女性向けエステ.com / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 女性の人生 / ショッピングカート /家計見直しクラブ